大国印刷所の冒険記

高知県で1959年から続く、大国印刷所です。名刺、封筒、チラシなどの地元の生活に密着した印刷物から、トイレットペーパー、マスク、ポケットティッシュ、除菌ウェットティッシュなどの販促品の全国展開、和紙へのフルカラー印刷など幅広く取り扱っております。紙飛行機、メンコ、メモ帳などの自社開発もしています。

自社開発商品「印刷屋のメモ帳」

こんにちは。大国です。

印刷屋が大量の印刷物を仕上げるためには、大量の紙を仕入れなければなりません。作業上の様々な事情により、かなり多めに仕入れなければなりませんが、状況によっては余りも沢山でてしまいます。それをいつまでも置いておくと古くなってしまうし、スペースが無くなってしまいます。印刷に適した良質な紙なので、このままではもったいない。

 

そんなわけで今回、新商品を企画しました。

 

製版部門の人に商品について伺いました。

 

「在庫となっている紙を使って何か出来るものはないかという話になり、すぐに出来るものとしてブロックメモ帳という案が出ました。大きさや枚数、紙質など、仕様について社内で話し合って決めました。あえて中身に印刷はせず、仕上がりは天糊(てんのり=てっぺん部分を糊付けして綴じる方法)のみ、鉛筆を刺せる穴をワンポイントとして入れてみました」

 

ラベルは社内でデザインして印刷しました。

 

「ラベルデザインは製版部門で考えました。私も5種類案を出ました。無地の紙の上に巻くのでカラフルなものだったり、女性向けに可愛いものだったり、和風テイストのものだったりと…。4名の物が他の仕事の合間にデザイン案を作り、厳選して11点に絞りました」

 

f:id:daikokuinsatsusho:20200608151304j:plain


そして採用されたのが、これ!

 

f:id:daikokuinsatsusho:20200608151557j:plain


「全社員の投票でこれに決まりました。結局はシンプルなものが万人受けするってことですね」

 

このメモ帳は、縦12cm、横10cm、厚み約4cmと、ブロックメモとしてはビッグサイズ。多種多様な在庫の紙を使用しているため、商品により、また1商品の中でも色々な紙が含まれていたりいなかったりしますが、全て印刷に使用する良質な紙で、色、質感ともに書きやすいものだけを選びました。


お値段は税抜き90円。100円玉でおつりが来ます。

 

お見かけの際は是非、お買い求めくださいませ。